電話回線と光回線って違うの?

電話回線と光回線って違うの?

電話回線と似たような言葉に「光回線」というものがありますよね。
そもそもこの2つ、何が違うの?って思いませんか?
特に現在電話回線を契約していて、インターネットも使いたいと思っているとき。
光回線の方がいいのかな?なんて悩んでいる人もいるかもしれません。
では、この2つどう違うのでしょうか。

ちなみにどちらも違いはありません。
電話回線の種類の一つが「光回線」だからです。
なので、ここではアナログ回線(ADSL)と光回線の違いについてまとめておきます。

まずADSLの場合は、基地局から遠ければ遠いほど通信速度が遅くなり、ノイズが混じりやすくなるなどのデメリットがあります。
従来の電話回線を利用できるため、電話回線の工事が済んでいれば1~2週間程度でインターネットを利用することができます。特別工事は必要ないということですね。

そして光回線の場合。
こちらは光ファイバー専用回線を利用する方法になります。
ADSLと違い、距離などに影響を受けず安定した通信速度を保つことができます。
しかし工事に時間がかかるデメリットがあります。
通常では1~3か月程度かかると言われています。
地域によっては1~2週間で工事が済む場合もありますし、アパートやマンションの場合、すでに光ファイバーが引き込まれていれば1週間程度で使用することができます。

2つの違い、わかっていただけましたか?
特にインターネットを利用したいと考えている人は、覚えておくと役立つでしょう。

    Copyright(C) 電話回線についてもっと知りたい! All Rights Reserved.