電話回線の工事はどんなことをするの?~光ファイバーの場合~

電話回線の工事はどんなことをするの?~光ファイバーの場合~

新築戸建ての場合などは、電話回線を自宅に引き込む工事が必要になります。
この工事、どんなことをするのか、一般人にはよくわかりませんよね。

今回は光ファイバーの工事についてまとめておきます。
一般的に電話線の配管を利用して光ファイバーを引き込みます。
壁に穴をあけなくてはいけないの?と心配する人も多いですが、電話線の配管を利用できるので必ず開けなくてはいけないというわけではありません。
他にもエアコンダクトを利用する方法もあります。
どうしても必要な場合は穴をあけることもありますから、了承しておいてくださいね。

これらの工事はNTTから派遣された、資格を所持している技術者がやってくれます。
ちなみにこの工事には立会が必要になります。
開通工事は土日祝日も指定ができるので、お仕事をしている人でも安心です。
ただ土日祝日は人気があるため、できれば1か月以上まえから予約しておくといいでしょう。
だいたい工事の時間は1時間程度と言われていますから、前もって工事がくる時は1~2時間程度余裕を持って予定をいれないでおきましょう。

しかし工事の種類によっては立ち合いが必要ない場合もあるようです。
契約時によく確認しておくといいでしょう。

光ファイバーの場合の工事についてまとめてみましたが、光ファイバー以外の工事も大して手順は変わりはないようです。
どうしてもどんなことをするのか知りたい人は、問い合わせ窓口で確認しておくと安心ですね。

    Copyright(C) 電話回線についてもっと知りたい! All Rights Reserved.