電話回線工事でかかるお金のこと

電話回線工事でかかるお金のこと

電話回線を新規で契約する場合、工事が必要になることが多いです。
そのときに工事費用がかかることを覚えておきましょう。
これを知らないと、工事が終わってから思わぬ出費が…!という風になってしまいますからね。

今回は一般的な工事にかかる費用についてまとめてみました。

まず局内工事か派遣工事かで大きく費用が変わります。
局内工事というのは、集合住宅などの場合ですね。
以前の住人が工事を済ませていた場合、または新築住宅でも開通テストが済んでいる場合はこの工事が適用されます。
この局内工事の場合は、立会は必要ありません。
料金も2100円程度と安価になっています。
しかし、場合によっては追加料金が発生したり立ち合いが必要になる場合もあります。

派遣工事は以前電話回線を利用した実績のない建物に適用されます。
工事担当者が来て開通試験・配線の点検・新規配線工事などを行います。
この場合は立ち合いが必須となります。
原則平日の立ち合いとなります。
料金は2100~10,815円と差があります。

ここまで電話回線の工事でかかる費用についてまとめてきましたが、他にも電話加入権の料金や契約回線の数によって料金が変わります。
必ず工事の前に料金を確認しておきましょう。
あくまで参考程度に読んでくださいね。

    Copyright(C) 電話回線についてもっと知りたい! All Rights Reserved.