電話回線には種類がある?

電話回線には種類がある?

固定電話を自宅やオフィスで使いたいと思うとき。
電話回線の契約が必要になりますよね。
その電話回線にも種類があるというのを知っていますか?

電話回線には大きくわけると3種類あります。
「アナログ回線」「デジタル回線」「光ファイバー」です。
ちなみによく聞く「ADSL」はアナログ回線と勘違いされがちですが、厳密にいうとADSLは「アナログ回線を利用した通信技術」のことなので、回線とは少し違うと覚えておいてくださいね。

ここ数年、デジタル回線や光ファイバーを利用する人が増えてきています。
その理由はアナログ回線のデメリットにあるのかもしれません。
それは、音声がかすれたり雑音が混じる可能性が高いということです。
アナログ回線の場合は、NTTと自宅を銅線でつなげているというイメージを持ってください。
線でつないでいるだけなので、NTTと自宅の距離が遠くなればなるほど雑音や音声の乱れが増えてくるデメリットがあります。

デジタル回線の場合は、インターネットをしながら電話もできるという点で人気があるようですね。
光ファイバーも安定しているという点で人気があるようです。
ちなみにアナログ回線からデジタル回線に変更する場合に特別工事などは必要ないようです。

どの回線にするか悩んでいる方は、まずは担当者に相談してみると安心ですね。
現在自分が使っている電話回線がどの種類かわかっていない人もけっこう多いので、これを機に確認しておくといいかもしれません。

    Copyright(C) 電話回線についてもっと知りたい! All Rights Reserved.